松廼家

 

お弁当

ご購入について

会社案内

駅弁

 

HOME»  駅弁

駅弁

松廼家の「駅弁」をご紹介します。

 

>>よくばりスタミナ弁当 1000円(税込)

まぐろかつ、いっこく野州どりの照り焼き、
霧降高原豚の辛味噌焼きの
人気惣菜たっぷり、よくばり弁当。

 

 

>>ジャズの宮 1,000円(税込)

玄米入りジャンバラヤ 白飯
マグロカツ サーモンのエスカベッシュ アーモンド海老
 ミートボール フライドポテト ワインらっきょうなど。
3日前12:00までに 5個以上でご予約下さい。

 

ジャズの宮

 

>>日光杉並木 1,000円(税込)

五目御飯の上にちらした椎茸と、鶏肉が美味しい。
鶏肉は切って味付けより、照り焼きしてから切ったほうが合いました。
ゆばは、おいしさをタップリ味わえる【日光たぐりゆば】を。
鶏肉は、いっこく野州どり。
栃木のかんぴょうもあっさりした味付けで。

 

日光杉並木

 

>>日光強めし  1,000円(税込)

霧降高原豚のピリ辛味噌焼きが美味。
米、干瓢、鹿沼蒟蒻、日光ゆばなども地元の食材です。
もち米とこしひかり米の炊き合わせは五目強めしです。
 

 

日光強めし

 

>>とちぎ霧降高原牛めし 1,200円(税込)

2015年7月16日発売。
宇都宮駅開業130周年、駅弁誕生130周年を記念したお弁当です。

地元産コシヒカリ米に 全農とちぎオリジナルブランド【とちぎ霧降高原牛】使用。煮たまご、生姜甘酢漬他。
 

 

 

 

>>とりめし 700円(税込)

茶飯のうえに鶏そぼろ、鶏の照り焼き
片隅にいながら存在感のあるのは、多くのファンに支持されている
【つくね寄せ】です。 いっこく野州どり100%

 

とりめし

 

>>下野山菜弁当  700円(税込)

茶めしの上に、かんぴょう しいたけ、
しめじ、甘栗、ふきのとう等。
細竹のピクルスが美味。
小麦タンパクでできたグルテンミートのソテー
お肉の苦手な人向きです。

 

下野山菜弁当

 

>>ふるさと幕の内 1,000円(税込)

日光ゆばが人気。
いっこく野州どりの照り焼きとつくね入り。

 

ふるさと幕の内

 

>>下野玄米弁当 700円(税込)

うるち玄米(こしひかり)と、もち玄米に大豆を炊き込んだご飯は
子供にも受け入れられる触感です。
お肉の苦手な方にもおすすめのグルテンミート(小麦タンパク)、
栃木のかんぴょう、ひじき・筍の煮物、小女子の乾煎りなど
ヘルシー弁当です。

 

下野玄米弁当

 

>>玄氣亭 1,000円(税込)

せんいたっぷり、ヘルシーで
満足感もある、バランスの取れたお弁当。
ゆば、かんぴょう、霧降高原豚のピリ辛焼き、
かんぴょうの天麩羅、グルテンミートのソテー、
玄米稲荷等。

 

玄氣亭

 

>>玄氣いなり   500円(税込)

大豆、ひじきの入った玄米を稲荷に。
玄氣亭の中の一品だった稲荷が 「美味しいのでもっと食べたい」の声に押されて
手ごろな値段で独立。
お子様にも好評。

 

玄氣いなり

 

>>うわさの弁当,古代米入り 700円(税込)

H.11年発売。古代米が話題に上り始めたころ、
噂を頼りに買い求め、開発。
まだ雑穀米入りの駅弁が見当たらない頃なので
うわさになって売れたらいいなと願いを込めたネーミングです。
もちまいをたきあわせたごはんに梅干しがよく合います。
グルテンミート、かんぴょう煮、ひじきがこだわり惣菜です。

 

うわさの弁当,古代米入り

 

>>七福むすび 800円(税込)

縁起の良い7品が詰まっています。 ごはんは、白御飯、五目御飯、
古代米御飯の3種。
霧降高原豚の辛味噌焼き、いっこく野州どりの照り焼き、
小海老のから揚げ他

 

七福むすび

 

>>宮の釜めし   800円(税込)

茶めしの上にとり肉(いっこく野州どり)、 ふきのとう、甘栗、小エビ、かんぴょう、
筍、蒲鉾など。
軽い釜形の容器はレンジ可。

 

宮の釜めし

 

>>芭蕉気分   500円(税込)

天麩羅(かぼちゃ、レンコン、かんぴょう、しし唐)
煮物(きのこ、サトイモ、牛蒡、こんにゃく)
唐辛子など、
芭蕉が食したであろうものをあつめて、 お弁当にしました。 芭蕉を慕った
弟子たちにも思いを馳せてお召し上がりください。

 

芭蕉気分

 

>>宮小町   1,000円(税込)

宇都宮駅開業110周年記念弁当。
いなりずし、五目ごはん、白飯、海老揚げ、
日光湯波、こんにゃく。
和菓子の老舗《柏屋》特製「小福もち」は、上品な甘みで女性に人気。
もともと女性の意見を多く取り入れたお弁当でしたが、
ボリュームもあり男性ファンも増えています。

 

宮小町

 

>>大人の休日~駅弁発祥地より~車辨當 800円(税込)

明治18年、ごま塩おにぎり2個を竹皮で包んでうりだしたのが 
駅弁の始まりといわれています。
当時の素朴さを現代風のおかずとともにつめました。

 

大人の休日~駅弁発祥地より~車辨當